My Field of Paper Flowers

アクセスカウンタ

zoom RSS Looking at You 〜 afterimage 1

<<   作成日時 : 2008/12/13 23:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「五年ぶりですねぇ、根津見さん」
 久々に聞く声に、一瞬思い出せなかった。
「……御剣さん?」
「えぇ、そうです。今、私を忘れてたでしょう」
 ストレートに皮肉を言う口調は、まったく変わっていない。
 それにしても、何故急に…聞き出す前に、御剣は続けた。
「あれっきりだと思ってたのですが、貴方にお知らせしなければならないことができましてね」
 お知らせ…未だ回りきらない思考は、次の言葉で打ち砕かれた。
「嘉納猛が亡くなりました。北海道の前線でね」

「…………え?なん…いま、なんて……?」
「私も暇じゃないのですがね。いいですか。嘉納猛の遺留品を預かった人間が、そちらへ向かいます。待ち合わせの日時と場所を言うので、メモしておいた方がいいのではないですか?」
 ぐらぐらと頭を激しく揺さぶられながら、鞄の中をまさぐった。
「言いますよ。今日から三日後の…」
「ま、ままま、待ってください!いま、書きますから…」
 背広の胸ポケットから手帳を出し、白紙のページをめくった。
 震える手でボールペンを握り、電話の声に耳を澄ました。
 御剣は手短に用件だけ言って、一方的に電話を切ってしまった。
 すぐに折り返したのだが、コール音が鳴り続けるだけだった。


 あまりにも突然の報せ。あまりにも少ない情報。実感は、まったく湧かなかった。


 指定された時刻の十分前。
 指定された場所は高松空港。
 到着ロビーに、根津見は立っていた。
 相手の名前は、手塚真実。それしか知らされていない。
 果たして、見つけられるのだろうか。

 不安が駆けめぐる中、一分一分が長く感じる。
 手首の時計を見ては、現時刻を確認する。
 それを何度も繰り返すうちに、周囲の気配に鈍くなっていった。
「あの……根津見公助さん、ですか?」
 うら若い女性の声に、根津見は肩をすくませて驚いた。
「…は!はいぃ!僕が、根津見公助です、が…」
 答えながら、視線は彼女の顔から下に降りた。
「はじめまして。私、手塚真実といいます」
 名乗り終えてから、彼の視線の先に気づいた。
 両腕に大事に抱えた、真白に包まれた箱。
 手塚の顔に陰りが落ち、唇を噛んだ。
「報告します。去る五月十二日、嘉納猛一等陸尉は北海道豊富町において、ゾディアック・スコーピオンと交戦。これを殲滅するも、負傷は免れず…」
 白い箱を持つ手が、震えた。
「名誉の、戦死を遂げました。……ですが、私は残念でなりません」
 こみ上げる感情をこらえながら、言葉が乱れることはなかった。
 まだ顔に幼ささえ残る。それでも彼女は、軍人としての務めを全うしていた。
 根津見は、久々に心が動くのを自覚した。感動に近い敬意を抱いた。
 その一方で、現実を受け入れなければならない。
 根津見は混乱しそうな頭をどうにか落ち着かせ、目の前の女性に言葉をかけた。
「お勤め、ご苦労様です。貴女もたいへんだったことでしょうに、よくここまで…最後まで、嘉納さんについてきて下さったんですね。きっと、嘉納さんも喜んでいると思います」
 手塚の目が、きょとんと丸くなった。
「あ…いや、僕が言うのはおかしいですよね。すみません。嘉納さんとは何度か手紙を交わしただけなのに、彼のことをわかったような事を言ってしまって…」
「い、いえ、私も数ヶ月の間、嘉納さんの身の周りのお世話をしていただけですから…」
 両者ともに、頭を上げ下げする。
 滑稽なことに気づき、手塚は思わず吹き出した。
 ころころと変わる顔色に、根津見は戸惑った。
「でも…根津見さんとは、初めてじゃない感じがします」
 またすぐに、表情を引き締めた。
「私、六年前まで丸亀少女の家に居ました。そこで、姫島巴ちゃんと同室でした」
 必死に、涙をこらえていた。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
Looking at You 〜 afterimage 1 My Field of Paper Flowers/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる